Pineslake Kitchen

pllife.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日々の暮らし( 138 )

自分の居場所。

d0205656_09154269.jpg
*灯台守りの助けをしてくれるサロンのサポーター。

中学に進学した娘。自分にぴったりの環境を見つけ、
ようやく日本に自分の居場所を見出しました。
お母さんもこれでひと安心。
するとお母さんにも居場所が見つかりました。
見つかった、と言うかもうそこに居たんですね。

『Pines Lake Kitchen』

森の中の湖の畔にひっそりと隠れいているつもり、、、
だったのに気がつくとここは岬のLight House.

広い海原に航海を始める時、航海をする途中、
長い航海を終えて港に戻る前に、お立ち寄り下さい。
必要な時に必要な方への光が灯っているように、
ご縁のある方が灯りを灯しに来てくれる不思議な場所。

私はその灯台守り。
掃除をして場所を整え、お腹が空いてる方には
腹ごしらえが出来るように温かいスープを用意して。
日々のそんな仕事が楽しくてたまりません。

新月の日にそんな事を改めて感じました。
そしてそんな事を改めて感じさせて下さる
方々との出会いや出来事がありました。
私に灯台守りの仕事を可能にしてくれる
家族にも感謝です。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-04-17 04:02 | 日々の暮らし | Comments(0)

Happy Easter!

d0205656_07322034.jpg
キャンドルで絵を描いて模様を白抜きした卵。

今日はイースターのお祝いの日ですね。
と、言っても私は教会に行かないのでいつもと同じ日曜日。
でも毎年このイースター・サンデーの頃になると
不思議と新しい扉が開くような不思議な気分になります。

昨日はサロンでのアート・クラスの前に
子供達とイースター・エッグ作りを楽しみました。
d0205656_07323009.jpg
こんな感じです。

染料は全て自然な食材で。
玉ねぎの皮を煮出すとオレンジっぽいブラウン。
赤キャベツで何故か青緑。
ビーツはピンクか紫になるかと思ったら、薄い茶色ががった紫。
ターメリックは綺麗な黄色に染まりました。
自然のマジック。なんだか楽しかったです。

皆様も素敵な日曜日をお過ごし下さいませ!

*おまけ*
参考にしたのはこちらのサイト。⬇️


ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-04-01 07:40 | 日々の暮らし | Comments(0)

私と霊気・レイキ

d0205656_09134925.jpg
三日坊主な私の夙川散歩二日目。
夙川沿いに出る手前の家の垣根。
レンギョウの黄色が綺麗な春。

さて、私の生活に欠かせなくなった『霊気・レイキ』の話。
アメリカに暮らしていた頃はよく耳にしたレイキ。
お友達やご近所さんにもヒーラーさんがいました。
仕事として、というよりも『家族の為に』って言う方が多かった。
お母さんが転んだ子供の膝に手を当てて『痛いの痛いの飛んでいけ〜』
っていう感覚で使う気軽なお手当て法って感じ。
でも家族にレイキ・ヒーラーのいない私は、身近にレイキ
という言葉を聞きつつも長い間、体験したことはありませんでした。

初めてレイキを受けたのは10年位前。ご縁が出来てヒーラーのマヤさん
当時住んでいたニュージャージーの片田舎まで来て下さいました。
マヤさんを迎える日は朝から事件。
キッチンから地下室に降りる階段を足じゃなくてお尻で滑り落ちて着地。
茫然自失の痛みに耐えながら、『今日はマヤさんが来る日だわ。』
とマヤさんの顔が天使に見えましたよ。。。

暖炉の前にマットレスを引いて1時間に渡るレイキはもう夢の世界。
お尻の痛みも子育てのストレスも全て溶けて流れていったのを覚えています。
かと言って、ほぼ専業主婦だった当時の私にとってそんなにしょっちゅう
ヒーリングをお願いする事は出来なかったのでセッションはそれっきり。
その時は自分でレイキができるようになったらいいなーと潜在意識にインプット。

そして日本へ帰国後、出会ったのがGreen Hill Reikiのゆいさん
一昨年の夏に臼井式レイキ1を伝授して頂きました。
何事も継続してこそ、と頭では分かっていても飽きっぽくて続かない。
それが今やレイキは日々の生活ルーティーンのひとつ。
なぜ続いたかと言うと、ゆいさんが月に一度サロンで練習会を
して下さるお陰に他ならない。私の性格からして練習会がなければ
折角受講したテキスト・ブックも今頃は本棚で埃をかぶっていた筈。

私にレイキとの出会いを与えてくれたマヤさんと、
飽きっぽい私にレイキを続ける継続力を与えてくれたユイさん。
私の二人のレイキ・マスターに心から感謝です。

*Green Hill Reikiのゆいさんの月一練習会のご案内は⬇︎
 レイキ練習会/3月17日(日)・午後1時〜午後4時(体験モデルさんは午後3時〜午後4時)

*世界に神出鬼没のヒーラー、マヤさんを迎えての春の特別企画のご案内はこちら。⬇︎
 春の特別企画『自分に素直に生きる』/3月28日(水)・29日(木)・30日(金)

お問い合わせ、お申し込みはこちらから。

*おまけの写真*
d0205656_09142126.jpg
こちらは苦楽園口近くの大正庵前の梅。
d0205656_09160552.jpg
桜はまだまだ。でも頭の中は既に満開🌸。
d0205656_09291585.jpg
気持ち良さそうに朝の日光浴の夙川の鴨。


ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-03-13 09:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

毎日欠かせないもの。

d0205656_13215026.jpg
*今朝の夙川散歩で見つけた道端の小さな花。

私の日々の生活に欠かせないもの。
『霊気(レイキ)』
『焙りたてコーヒー』

朝起きたらまずベッドの中で寝たままレイキ。
時に瞑想状態になりそのまま二度寝。。。
そしてサロンへ出勤したらまずコーヒーを焙る。
これが日々の日課。

そして今日からまた一つ日課が増えました。
この時期限定『朝の夙川散歩』
桜の季節が終わるまでこれから毎朝続きます。
(雨の日はお休みしますけどね。)

そして今週のサロンはそんな私の大好きなレイキと
コーヒーのダブル・ヘッター!
皆様にも是非体験して頂きたいお気に入りです。

ご案内はこちら。🔽

『3月17日(日)/焙りたてコーヒー講座』

『3月17日(日)/レイキ練習会』

お問い合わせ、お申し込みはこちらから。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-03-12 13:33 | 日々の暮らし | Comments(0)

自分のペースで丁寧に生きる。

d0205656_13490473.jpg
買った時は蕾だった桃の花が今日は綺麗に咲いています。

毎週火曜日はサロンの定休日。
美容院へ行ったり、ちょっと遠出をしたり、お友達に会ったり。
サロンを開けている日にはゆっくり出来ない事をします。

今日は昨年分の確定申告を税務署に提出してきました。
えっ今頃って思います?ふふふ、いいの。これが私のペース。
まだ滑り込みには1週間あるし、始まってすぐじゃないから
税務署も混んでなくてわからない事は丁寧に教えて頂けます。
税務署の方と茶飲話をするようなつもりで出かけてきました。

そもそも数字は得意じゃないのに加えて、
長年日本から脱出していたので日本の税金申告はややこしい。
そんな訳で昨年は白色申告。今年は初めて青色申告。
小さな階段を一歩一歩踏み進んでいく気分です。
再来年くらいには自力でオンラインで出来る様になるのが目標〜。

日々目の前にあることを丁寧にこなして暮らす。
すると出来ない事は与えられません。
出来ない事は出来るように助けてくれる人が現れる。
目の前に現れるのはちゃんとやれば出来る事だけ。
面白いですね。

今日もそしてまた明日も私にできることを丁寧に
自分のペースでやっていこうと思います。

*おまけの話*
自分のペースでっていう話を書いてふと思い出した事。
娘のトイレ・トレーニング。
思い出すと娘のトイレ・トレーニングはもう笑い話がいっぱい。
アメリカに住んでいたのに、日本の子供達は2歳にはオムツ外れている〜。
娘と私のペースには何の関係もない事なのに気にしていたのが
今、振り返ると笑える。
大人だって子供だって皆んな自分のペースがある。
自分のペースが一番心地よい。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-03-06 14:21 | 日々の暮らし | Comments(0)

立春

d0205656_08423113.jpg
甘い冬野菜のスープ。

立春の朝。
今日の西宮の空は柔らかい水色。
まだまだ寒さは厳しけどその中にも
ちょっとだけ春の兆し。

1年前の立春の日に作って美味しかった冬野菜のスープの
写真がFB投稿で出てきたのでこちらに再投稿。
蕪と白菜の甘みとに菜の花の苦味がマッチしたスープ。

<作り方>
鍋にオリーブ・オイルを引いて玉ねぎを炒める。
じっくりと炒めると玉ねぎが透明になって、
だんだん甘みと旨みが増してきます。
そこへ蕪と白菜の白い部分を投入。
ひと息置いて緑の葉の部分も投入。
玉ねぎと蕪の皮でとった野菜出汁を投入。
コトコト煮ること10分くらい。
最後にさっと塩茹でした菜の花を添える。
冬野菜の甘みと春野菜の苦味のコラボレーションが
立春の瑞々しい気と相まって最高のスープの出来上がり。

そして、今日は昨年の立春と同じく、
日本に帰国以来、娘が英語の勉強でお世話になっている
英語寺子屋アカデミーさんで新春会のお味噌作り
今年も子供達と一緒に愛工房の杉板の上で
美味しいお味噌を仕込んでまいります!

皆様も素敵な立春の1日をお過ごしくださいませ。


ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-02-04 08:54 | 日々の暮らし | Comments(0)

ジャッジをしないという事。

d0205656_16271924.jpg
*今日のランチ・レッスンのおやつは
ぷるん・ぷるんのアーモンド・ミルク・プリン。

受験で面接を受ける娘の練習相手をしていた時の事。
どんな質問が投げかけられるか分からないので、
ランダムに色々練習で質問を投げかけています。

その中の一つ『 Who do you admire and why?』
貴女が尊敬する人は誰?そして理由は?という質問。
娘が尊敬するのはお父さんでもお母さんでも学校の先生でもなく、ある方でした。
そして理由は『She doesn't judge people.』人をジャッジしないから。
なんて明確な答え。

自分自身に対しても、ましてや他人のジャッジは尚更。
肝に銘じておこうと思います。
娘よ、今日も学びを有り難う。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-01-26 16:40 | 日々の暮らし | Comments(0)

職人の町、京都。

d0205656_19473291.jpg
娘の『いちまさん』。

昨日、久しぶりに京都へ出掛けたのは
娘の『いちまさん』のお迎え。
12年前、娘が生まれた時に実家の母が
着物を手作りで用意してくれた『いちまさん』。
12年という年月を経てちょっとお色直し。

12年の年月と引越しなどを経て
お顔と足の指先を直す必要があり、
(気がつかないうちにかけてしまった部分ができていて。)
昨年の秋口から良い人形師さんを探していました。
京都にとても良い方をご紹介頂き、修理に出す事3ヶ月。
直した形跡などどこにもなく、本当に綺麗になって帰宅。
お顔の部分だったのでずっと気になってきたのですが
修理に出して本当に良かった。

2月に入ったら女の子のいらっしゃる
ご家庭はお雛様を出す時期ですね。
修理に出したいけど、良い人形師さんが見つからなくて、
とお思いの方ご連絡くださいね。ご紹介させて頂きます。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com


by pineslake-life | 2018-01-20 20:17 | 日々の暮らし | Comments(0)

おしゃれで便利な宿、Hostel "THE NEXT DOOR"発見。

d0205656_21290213.jpg
The Next Door1階のカフェ・スペース

今日はお教室がなかったのでサロンは臨時休業にして
所用を済ませる為に京都まで。
所用を済ませた後は普段、なかなかお目に掛かれない
京都在住の知人とランチの約束。

待ち合わせの駅に早めに着いたので駅近くに
あった小洒落たカフェで時間潰し。
なんだか入れ替わり立ち代り欧米からの
旅行客らしき若者が出入りするので、
ここはどこなの?と思ってよくよく観察すると
本当にこじんまりとしたHostelでした。

まだオープン間もないので(2016年にオープン)
建物もお部屋もとっても綺麗でおしゃれ。
立地条件もいいです。(京都駅から徒歩圏内。)
しかもHostelなのでお値段とってもリーズナブル。
(今の時期はなんと一泊2700円前後から
あるんだそうです。)

プライベート・ルームもありますが、
Hostelの良さはルーム・シェアーをして
色んな仲間を作ることでもあると思うので
海外から一時帰国して来られる子女の皆様にも
お勧めのお宿だと思いました。
(女性専用のドミトリー・ルーム有り。)

予約はこちらからできるみたい。
The Next DoorのHPはこちら

*おまけ*
今日頂いたのはここのカフェ・スペースで出している朝食メニュー。
久しぶりにカプチーノを頂いちゃいました。
d0205656_21290807.jpg

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-01-19 21:59 | 日々の暮らし | Comments(0)

今年も七福神さん

d0205656_11424025.jpg
今年のサロンの七福神さんはこちら。
今日から笑顔で皆様をお迎えして下さいます。

今日は西宮神社の十日戎へ。
昨年の七福神さんを納めて新しい七福神さんをお迎えしてきました。
なんだかとっても賑やかになりました。
お越し下さる皆様と賑やかに楽しく過ごせそうな予感です。

しかも!今年のおみくじはこちら⬇️
d0205656_11425378.jpg
大吉〜。
私、そんなにくじ運良くないので神社のおみくじで
大吉を頂くことはそんなにないんです。
それが大吉ですから今年はきっといい年だわ。
なんだかお正月から晴れやかな気分です。

そして毎年恒例のおまけはこちら。⬇️
d0205656_11424559.jpg
本殿横の『吉』さんで頂く小判。
昨年に引き続き今年も参拝の後、一番最初に
サロンにお越し下さる方にお渡しすることに。

今年は昨年11月にクッキング・スクールをスタートさせた際に、
いの一番にお申し込みくださった生徒さん。
今日の午後クラスに来られるのでお渡しする予定。

今年はスクールをもっと充実できるように時間を使って
行きたいと思っていたので、なんだか嬉しい。
皆様と一緒に日々愛情こもったお料理を作れるよう
今年も1年精進して参ります。


ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-01-10 11:52 | 日々の暮らし | Comments(0)