Pineslake Kitchen

pllife.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2本の手を使って出来ること。『針仕事』

d0205656_19063106.jpg
先生の刺された『花刺繍』。
いつかはこんなの刺したいわぁ。

昨日は月に一度の刺繍教室でした。
サロンでHappy Stitchの由美子先生が
お教室をスタートして下さって丸一年。
お針仕事が本当に楽しくなりました。
毎回素敵な作品を教えて下さった先生に感謝。

その昔、花嫁修業といえば『料理と針仕事』。
でも今の時代は男女を問わず身に付けたい。
料理が出来れば自分の食べたいものを
食べたい時に自分の手で作れる。
針仕事が出来れば自分が欲しいものを
なんでも自分の手で作り出せる。

先日FBで目にした記事が心に残ります。
Salish Kumar(サティシュ・クマール)さんの記事です。

『お金を稼ぐために働かない勇気を持て!サティシュ・クマールが 考えるローカル経済を実現させるために必要なこと。』

タイトルのお金を稼ぐ、稼がない云々という話はさておき、
この文章の中の”現在”をお祝いすること。お祝いの内容に
『2本の手』があることをお祝いしましょう。
と、いう部分があります。

注意深く周りを見渡せば『2本の手』を与えられた事が
どんなに幸運な事かが分かります。
確かにそれをお祝いしない手はない。使わない手はない。
与えられた幸運を存分に享受したいと思います。

長年アメリカに暮らしたという事を言い訳にするつもりはありませんが、
使い捨て文化の中に身をどっぷりと置くと、針仕事をする事が面倒に
なっていた時期もあるんです。(特に子供を産んだ後。)
でも一年間、刺繍に親しんだお陰で針を持つ事がまた楽しくなりました。
時間の使い方は人それぞれですが針を持ってチクチクっていいですよ。

今迄は刺繍教室のみでしたが4月からは教えて下さる先生が見つかれば、
『刺繍教室&サークル』『お仕立てクラス』『カルトナージュ教室』
を毎月順番に出来たらいいなーと思っています。
素敵な刺繍を刺しても飾るだけだと、額やフレームが増えるばかり。
刺した刺繍を仕立ててポーチにしたり、バッグにしたり出来たら実用的。
冒頭のような可憐な花刺繍が刺せたら勿体なくて洗えないから
カルトナージュで素敵なボックスに仕立てたりもしたい。
そんな夢が広がるサロンの『針仕事』。
どなたか先生して下さる方がいたらご連絡くださーい。


*おまけの写真*
この1年、こんなに素敵な作品が出来ました。
d0205656_19132398.jpg
*初回のクラスではクロス・ステッチを習って『ピン・クッション』。
d0205656_19133474.jpg
*2回目は同じくクロス・ステッチで『ニードル・ブック』。
d0205656_19131813.jpg
*図柄もリクエストに答えてバリエーションを作って頂きました。

d0205656_19142136.jpg
*リボン刺繍で鈴蘭のポーチ。
d0205656_19135619.jpg
*とっても可憐な鈴蘭です。
d0205656_19172704.jpg
*基本のステッチを6種類も盛り込んだフレーム飾り。
d0205656_19134179.jpg
*色を変えてクリスマス・バージョンも作りました。
d0205656_19132883.jpg
*ホリデーには豪華なシルクのリボンでクリスマス・リース。
d0205656_19134663.jpg
*春は入園・入学の準備の為の『お名前刺繍』。
d0205656_19135144.jpg
*1年を締めくくる卒業制作はこの可憐なティー・ポット。
d0205656_19140415.jpg
*このバラの部分が新技のステッチ。
初めて刺したにしてはまずまずの出来。
1年前のクロス・ステッチからすると格段の進歩です。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com

by pineslake-life | 2018-03-14 19:54 | 刺繍教室&サークル | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。