Pineslake Kitchen

pllife.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

5月15日(月)は『絵本読み聞かせ』の会。

d0205656_20404076.jpg
*懐かしの英語の絵本♪

来週月曜日は『ちびっ子達の為の絵本読み聞かせの会。』
昨年の11月にスタートした『読み聞かせの会』は毎月1回、
月曜日の10時半〜が多かったのですが、来月からは変更になるかもしれません。
今後の予定はまた追ってご案内いたしますね。

実は『絵本の読み聞かせの会』には特別な思いがあります。
娘を授かって絵本を浴びるほど読み聞かせてあげたかったのですが、
何が原因か分かりません私は喉が弱く、長い時間
声を出して本を読むことができませんでした。

続けて読めるのは短い絵本で3〜4冊が限度でした。
少し子供が大きくなって文章の長い本になると1冊読み切れない。
何故か喉が詰まって声を出せなくなるのです。

絵本を沢山読んであげたいのに読んであげられない。
いつも娘に対して心に負い目のある絵本読み聞かせタイムでした。
アメリカ生まれのアメリカ育ちだった娘に
日本語を継承する一番良い方法は日本語の本を
読み聞かせてあげる事って思っていたので尚更。

でも幸いな事に本好きの娘はあっという間に自分で本を
読む事を覚え(英語だけですけどね。^^;) 暇さえあれば絵を描いているか、
本を読んでいるか、という子に育ちました。
日本語の本をあまり読み聞かせてあげられなかったからか、
本当にへんてこな日本語を話しながら。。。
でも人生とは不思議なもので一昨年、日本へ帰国。
へんてこな日本語を話していた娘も今や立派に『関西弁』。

帰国後、ご縁あって『絵本の読み聞かせ』を長年ボランティアで
続けて来られた相沢さんに出会い、是非、子供達に絵本の
読み聞かせの会をとお願いしたら、快く遠い京都から
月一で沢山の本をスーツ・ケースに詰めて来て下さいました。

初めての会では大きなよく通る声で延々と絵本を読み続ける
相沢さんの姿を羨望の眼差しで見続けてお話を聞くのを忘れる位。
あんな風に絵本を読み聞かせながら娘を育てたかった。
娘が小さい頃にこんな読み聞かせ会が身近にあれば良かった。
毎回そんな思いでちびっ子と一緒に会に参加しています♪

とってもアット・ホームな読み聞かせの会は下記の通りです♫

日時:5月15日(月)
   絵本読み聞かせ/10時半〜11時15分
   お話し会(お茶とお菓子付き)/11時15分〜12時
場所:パインズ・レイク・キッチン
絵本の読み手:相澤朱美さん
持ち物:お子様の好きな絵本1冊(なくても大丈夫です。)
参加費用:1、500円
 
*お話会は読み聞かせが終わったあと、
 絵本の先生、相沢さんを囲んで絵本の選び方や
 子育てについてお話ししていただけます。


お問い合わせ、お申し込みはこちらからね。

ありがとうございます。

オーガニック・クッキング・サロン
パインズ・レイク・キッチン🍀

詳細は下記⬇️ホームページよりご覧くださいませ。

Pineslake Kitchen
〒662-0075
西宮市南越木岩町3−13−306 
*阪急甲陽線苦楽園口 西口より徒歩3分
email:pineslakekitchen@gmail.com


by pineslake-life | 2017-05-12 21:25 | 絵本読み聞かせ会 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。